お酒をフリマアプリで売るのは危険?デメリットを解説!

お酒をフリマアプリで売るデメリットとは

手持ちのものを処分するときに便利なフリマアプリ。

これを活用して不要なお酒を売ろうと考える人もいるかもしれません。
しかし、お酒を売るならお酒買取業者を使うべきだと、僕は強く主張します。

フリマアプリでお酒を売る行為にはデメリットが多いからです。そのデメリットについて詳しく解説してみます。

①サービスによってはユーザーの質が悪い

フリマアプリでお酒を売る相手は、そのほとんどが一般ユーザーです。

お酒買取を専門としている業者ではありません。
アプリ内でお酒を他のユーザーに売った後でトラブルになるケースも実際にあります。

一部ではありますが悪質なユーザーもおり、そうしたユーザーの多いサービスもあるのです。

お酒を送っても、代金が支払われなかったらどうでしょう。

お酒を売った相手が未成年だった場合にもトラブルに発展してしまうかもしれません。

トラブルに巻き込まれる前にユーザーの質を見極めるのは困難です。
リスクを避けたければフリマアプリを利用してお酒を売ることは控えるべきでしょう。

②頻繁に利用すると免許が必要になる場合がある


フリマアプリでお酒を売る場合、何本も、あるいは何十本もまとめて売るケースは少ないでしょう。

お酒を買いたいと思っている一般人も、同時に何本も手に入れたいとは普通は思いません。
欲しいものだけを欲しい時に買いたい、そう考える人が大半です。

となると、売る側は1本1本個別に異なるユーザーに販売することになります。

売りたいお酒が1本や2本だけであればいいのですが、頻繁にフリマアプリでお酒を売る、もしくはいろんな人に継続的にお酒を売るとなると問題が出てきます。
免許が必要になるのです。

酒類販売業免許という免許を取得しなければ、お酒を継続的に販売することはできないと酒税法で決められています。

これは酒屋さんなどだけに適用される法律ではなく、一般の人も守らなければならない法律です。

お酒買取業者を利用すれば、何十本でもまとめて売ることができるので1回の取引で済みますよね。
この場合には特別な免許を必要としません。

フリマアプリは気軽に個人間で取引できるだけに、ついつい利用してしまいがち。
お酒が家にたくさんあったり頻繁に貰ったりする人は、フリマアプリよりもお酒買取業者へ販売した方が面倒もなく安全に取引できるでしょう。

③買取業者に比べると撮影などの手間がかかる

フリマアプリで誰かに高値で買い取ってもらうには、自分の売りたいものをアピールする必要があります。

とりわけ重要になってくるのが写真撮影です。
綺麗に撮れていなければ買い手は現れてくれません。

写真だけではなく、お酒の情報も書き込む必要があります。
当然です、詳細がわからないお酒を買う人はいませんから。

お酒買取業者などに査定してもらうケースでも写真撮影して業者に送ることはあります。

しかし相手はプロ。
写真の画像が多少不鮮明でも銘柄などを判別してくれます。

売る側がお酒について無知でも、お酒買取業者は価値を正確に鑑定して判断してくれるので心配いりません。

フリマアプリで買い手が見つかったら、お酒を丁寧に梱包して送る必要も出てきます。

お酒買取業者にも宅配買取という方法はありますが、ダンボールや梱包材などは業者が用意してくれますし、そもそも綺麗に梱包する必要もありません。

フリマアプリで見知らぬ人に売る方が、圧倒的に手間がかかってしまうでしょう。

まとめ

・フリマアプリはユーザー同士のトラブルに発展する可能性がある
・フリマアプリで継続的にお酒を売るには特別な免許が必要
・フリマアプリでのお酒の売却はお酒買取業者と比べると非常に手間がかかる
・フリマアプリは便利だけどデメリットも多い

ここまで読んでみて
「フリマでお酒売るのが手間がかかって、リスクもあることはわかった!じゃあお酒買取サービスを利用するとどんな流れ?」
って思ったら下記の記事を読んでみて下さいね。

お酒買取の流れ